ペットを守る保険あれこれ〜愛犬家必見〜

ペットを守る保険あれこれ〜愛犬家必見〜

犬のための保険事情

近年、ペットブームと言われ、ペットを飼う家庭が増えているようです。
中でも、犬に関しては、猫とともに、日本でも馴染みのあるペットであり、もっとも飼われているペットのようです。
かつては犬と言えば、番犬であり、玄関先あるいは庭先で飼われるのが、当たり前のようでした。
しかし、今では室内で飼う人が増えているようです。
これは、住環境の影響もあるようで、玄関も庭もスペースが十分でないため、室内で飼うことを選択しているケースもあるようです。
けれども、大きな要因は、犬を家族の一員と見なしている点であるようです。
ペットブームとともに、ペットの家族化が進行していることも指摘されています。
欧米などでは、すでにそういう家族化が進んでいるようで、ペット社会とも言われるようです。
家族同然のような扱いをし、まるで自分の子供のように接することです。
犬に関していえば、ベッドを共にしたり、あるいは、食事も一緒に取るなどしているようです。
もっとも、犬は犬なりの特徴あるため、あくまで野生動物の性質も有していることを踏まえておくことが、必要です。
けれども、欧米でも室内で飼うことが、当たり前のようであり、一つ屋根の下で共同して暮らすことで、家族としての連帯感があるのでしょう。
これは、犬にすれば、自分が所属する群れであり、安心できる集団の一員と感じているようです。
日本でも、こういう動きが広がり、家族の一員と見なすことが、当然のようになっています。
これは、少子高齢化とも密接に関係しているようです。
子供を持つ代わりに犬を飼い、夫婦だけの家庭も多くあるようです。
また、高齢の独身者や若い人でも、犬を飼うことで、家族を作り挙げているような感じもあります。
けれども、犬には、人のような保険がありません。
人の場合、健康保険があるため、病院で治療を受ければ、自己負担分の支払いとなります。
しかし、動物医療では、そういう社会保険が適用されないため、全額自己負担となります。
しかも、動物医療の診療費の基準が、大まかなものでしかないた、病院毎で金額が異なるようです。
飼い主としては、大きな負担となります。
しかし、民間保険の形を取ることで、治療費を抑えることができるようです。
イギリスで生まれ、1980年代に日本でも取り入れられるようになりました。
今では、加入者も、相当数いるようですが、きちんと理解しておくべきことがあるようです。
このサイトは、犬に絞って、ペット保険について、説明しています。

Copyright (C)2016ペットを守る保険あれこれ〜愛犬家必見〜.All rights reserved.